読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パルナ書房

京の表は壬生、裏に回れば島原の町の本屋~2013年4月でパルナ書房は閉店いたしました。

「京都を走る まちなか編」発売   〜店長 

最近、ランニングネタばかりですが、
ついに京都をランニングで巡る本が発売されました。

こちらの↓サイトで本文の一部を見ることができます。
「京都を走る まちなか編」冬弓舎 著者 秋房麻理

マラソン+ピクニック=マラニック
京都の観光地をランニングしちゃえ!

今まで自転車で京都巡りといった本はありましたが
ついにランニングですよ。

著者 秋房麻理氏は京都、関西でランニングイベントを企画されてるベテランランナーとか。

きわめて詳細な京都観光ガイドで秋房氏の造詣の深さに脱帽です。
本編は文章でコースガイド、別冊で地図の構成です。
ランニングコースを地図よりも文章で解説している珍しい本です。
しかしその文章が寺社仏閣などの半端じゃない博識で詳しく書き込まれているので
読ませます。
ランニングコーナーよりも京都本コーナに置くのがふさわしい書籍ではと考えこんでしまうほどに・・・

私も今年6月に清水寺から八坂神社、南禅寺を抜けて哲学の道を走り銀閣寺まで走りました。
初心者でも大丈夫なもんなんです。
京都ぐらいの街だと、たいていの所はランニングで見て廻れるんですね♪

著者ブログを見つけちゃいました。
http://marimomarimaru.cocolog-nifty.com/botiboti/

この本を読んでると今週末の連休あたり、
今度は清滝から広沢池を走っちゃおうかなんて気分になります。


実は東京ではランニングマップが5冊、名古屋には1冊が既に発売されてるんですよ。
そろそろ京都と思っていた頃の一冊でした。
これからも続々と出てきますよ、京都のランニングMAP。

パルナも挑戦しようかな・・・
地図がメインのそのまま持ち歩きできるランニングMAPがあれば便利だと思いませんか!
「京都を走る まちなか編」と一緒に並べると面白いかも

京都ランニング事情でした。