パルナ書房

京の表は壬生、裏に回れば島原の町の本屋~2013年4月でパルナ書房は閉店いたしました。

大阪城

先週、日曜にパルナで仕事をしていると
昔勤めていた会社の大先輩が来店され、
久しぶりに近くのスタバで昔話に盛り上がりました。
日曜日に仕事をするのも悪くないですね。

その先輩には10年以上前、私がロードレーサー(競技用の自転車です)をオススメして
よく二人で琵琶湖や和歌山、さらに信州までよくツーリングしていたものです。

久しぶりにツーリングしようということになり・・・

で、今日行くことになりました。
目指すのは大阪城
ちょうど大河ドラマ関ヶ原の合戦だし、関係ないけど、
往復100km!大丈夫かいな・・・心配や

171号線をくだり大山崎から桂川を渡り桂川宇治川、木津川の三川が合流する御幸橋をわたり八幡へ
淀川の土手沿いに延びる自転車道路を走ります。
向かい風がすごくスピードが出ないし、30分も走るともう既に腰が痛い!
こんなんで大阪城まで辿りつけるんかいなと心配でしたが
ようやく毛馬に到着さらに進んで天神橋筋を南下
そのまま天神橋商店街の定食屋で昼食
大阪城を一回りして帰りは大川沿いを走り毛馬をへて再び淀川自転車道路を京都へ
帰りは追い風で楽々♪
と言いたいところですが腰痛はさらにひどく、肩もコリ、首の後ろも痛い
昔、ロングライドしたときはなんてことなかったのですがね、年かと思うと
先輩は涼しい顔で走っています。
追いつくのがやっと、もう還暦を軽く過ぎておられるのですが・・・


それにしても今まで電車や車で行っていた大阪の街
初めて自転車で走ってみるといろいろ発見があります。

水路が多くて、橋本知事が張り切っている「水都大阪」が実感できました。
帰りの大川沿いなどいい風景で気持ちよかったですよ。
ただ、少々もったいないような気がしますね。
あれだけの水路や川がありながら、街と水辺がマッチしていない・・・
またもう少し車と歩行者を分けるとか、

水辺を浄化したら
ある意味、京都や神戸にはマネができない自然と一体化した素晴らしい街になると思うのですが・・・なんかもっているポテンシャルを発揮していないような、
大阪人自身が水都の魅力に気づいていないような気がしました。
とはいえごちゃごちゃしているのも大阪の魅力、難しいところですね。
こんなことを申し上げると大阪人のお叱りを受けそうなのでこのへんで

ほうほうの体で帰宅して鏡を見てびっくり
顔がお酒を飲んだように赤くなっているのです。
この時期の日焼け、油断してしまいました。
なんか夜になって微熱も出てきてしまい
無理はいけないなと、5時間30分のロングライドでした。
100Km、4時間を目標にちょっとがんばってみますか、←無理無理

広告を非表示にする