読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パルナ書房

京の表は壬生、裏に回れば島原の町の本屋~2013年4月でパルナ書房は閉店いたしました。

タガミの本棚つくりました。

しばらく前、いつもお世話になっている青幻舎の安田さんに、
店長と、更に私までもが一緒に食事にお招き頂きました。
テキトーにホロ酔いにもなってきた頃、なんだか話の流れでタガミ(私)棚を作ろう!という話に・・。
以前より店長にそんな事を言われたりもしていましたが、なに?なに?その示し合わせた感じ・・・!?
「そんなに難しく考えんでもいいよー」等々言われつつ、あれよあれよと乗せられた感じで
ワンコーナーを作ってみる事になったのでした。

さて、どうしようか・・・と思ったところで、アレコレ悩み出したらいつまで経っても出来上がらないだろうので、
言われたまんま「そんなに難しく考えず、かるーい気持ちで」自分の好きな本・想い入れのある本を並べてみて、
できあがったのがこのタガミ棚です(多少変動はあるかと思いますが)。

tagami071114.jpg

正直なところ、他にも大好きだけど絶版になっている本もいくつかあったりして、
それはちょっと残念でした。
(【無敵のハンディキャップ】や【17歳の軌跡】などは、何故!?と思わずにおれません。)

“本棚”っていうと、その人の頭の中が表れていたりするものかと思いますが、
あまりムズカシイ事は考えず、お馬鹿な事ばかり考えてのほほんと暮らしている自分が
よく表れている棚だとも思う・・・。(特に梅佳代だとか高野秀行氏の本あたりに)

中年男性が好みそうな本ばかりを読んでいる(店長に言われた)わけでもなく、
言うほどサブカル好きなわけでもなく・・・、まとまりがないっちゃあないですが、
このコーナーを見て、少しでも何かしら興味を持って頂けたら幸いです。

タガミ